スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明徳義塾、あす九州国際大付と初戦 両監督に意気込みなどを聞いた

2022年8月10日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 【高知】第104回全国高校野球選手権大会に出場している明徳義塾は11日の第3試合で、九州国際大付(福岡)との初戦を迎える。明徳義塾の馬淵史郎監督と九州国際大付の楠城徹監督に、相手チームの印象や意気込みを聞いた。紙上対談の形でまとめた。(鈴木芳美、上月英興)

 ――相手チームの印象は

 馬淵 明治神宮大会に出場し、良い成績を残し、選抜もベスト8。洗練された走攻守まとまったチーム。

 楠城 馬淵監督は高校野球で実績も豊富で有名な方。選手も監督の意をくんでそつのない野球をする。

 ――警戒する選手は

 馬淵 やっぱり一番警戒するのは黒田君、佐倉君と野田君。クリーンアップだね。

 楠城 投手(吉村君)。投球フォームに惑わされないよう、ボールをしっかり見極めて対応していくのが一番大事ではないか。

 ――お互いの印象は

 馬淵 楠城さんとは旧知の間柄。奇策を用いるタイプとは思わない。オーソドックスな野球をされると思います。

 楠城 高校野球で一番経験豊富だし、日頃からいろいろなことを教えていただいている監督さんなので、本当に尊敬している。

 ――自チームのキーマンは

 馬淵 みんな活躍してもらいたいけれど、吉村が相手打線をどれくらい抑えられるかがキーになると思う。

 楠城 どの投手が来るにせよ、うちは佐倉がポイントゲッターなので、そこへどうやって走者を置いて回すかというのを考えて戦いたい。

 ――理想の試合展開は

 馬淵 打ち合いになると分が悪い。ロースコアなら自分の所のペース。この炎天下で、どのような試合になるか想像がつかない。

 楠城 小細工がきく相手ではない。胸を借りて向かっていくだけ。第3試合でお互い暑さとの闘いもある。終盤に1、2点を争う展開になったらいい。

 ――試合の意気込みを

 馬淵 今までやったこと全てを、この1試合で出し切るつもりで、やりたいと思います。

 楠城 今年は各大会でいろんな投手への対処方法などを経験しているので、それを元に好投手に向かっていけたらよい。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ