スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

埼玉・聖望学園、きょう秋田・能代松陽と初戦 両監督が対談

2022年8月10日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 【埼玉】第104回全国高校野球選手権大会(日本高野連、朝日新聞社主催)で聖望学園は大会5日目の10日、第2試合で能代松陽(秋田)と戦う。初戦を前に、聖望学園の岡本幹成、能代松陽の工藤明の両監督がオンラインで対談し、試合への意気込みを語った。(構成・仙道洸)

     ◇

 ――チームの状態は

 岡本 普段通り、いつもと一緒かな。ただ、埼玉大会の優勝を目標にしてきたチームなので、達成感でおなかがいっぱいになっていないかが一番心配。甲子園でまた戦う機会を与えてもらったので、もう一度、埼玉大会の時の気持ちに戻ってくれれば。

 工藤 まず暑さに慣れることが一番大事。選手たちの動きもだいぶ良くなってきている。チーム状態は上がっているとまではいかないが、秋田大会と同じ状態を保てているかなと思う。

 ――相手チームの印象は

 岡本 投手力を前面に出すという、うちと似たタイプのチームという印象。

 工藤 私も似たチームだと感じる。激戦区の埼玉を勝ち抜き、投手が非常に良い投球をしていると聞いている。対策していきたい。

 ――鍵を握る選手は

 岡本 やはり投手の岡部(大輝)と捕手の江口(生馬)のバッテリー。打線では3~5番。この辺がしっかりと機能してくれれば。

 工藤 三浦(凌輔)と、主将で捕手の田中(元輝)のバッテリー。強豪チームと戦う時に、秋田大会と同様に逃げずにどんどん攻められるかどうか、そこが一番大事になる。

 ――相手チームの警戒する選手は

 岡本 間違いなく投手の三浦くん。工藤監督が言われているように、似通った同じようなチームと感じるので、とにかく投手は攻略できたらと思う。

 工藤 やはり投手の岡部くんが非常に気になる。良い投手なので対応できないかと思うが、しぶとく食らいつき、攻略につなげていきたい。

 ――理想の展開は

 岡本 投手を中心に失点を少なくして、とにかく接戦に持ち込みたい。埼玉大会と同じく粘り強く食らいついて、最後になんとか1点でも2点でも相手チームより多くとって勝てれば。埼玉大会の形以外の戦い方がない。同じようなスタイルで戦ってくれれば、ある程度勝機はあるのではないかと考えている。

 工藤 展開は全く読めないが、まずバッテリーを中心に最少失点に抑えられればと思う。秋田大会と同じく、つながりが出て打線でもしぶとく点数をとっていければと思う。

 ――初戦への意気込みは

 岡本 埼玉代表として恥ずかしくない戦いをしたい。甲子園という舞台で戦うわけですから。相手に勝つより自分に勝って、良いプレー、良い野球をできるように頑張ってもらいたい。

 工藤 バッテリーでペースをつかみ、つなぐ意識を忘れない攻撃で、自分たちの力が甲子園という大舞台で発揮できれば。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ