スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明秀日立・鹿児島実両監督に聞くポイント 10日甲子園初戦

2022年8月10日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会で茨城代表の明秀日立は10日、今大会の初戦に臨み、鹿児島代表の鹿児島実と対戦する。明秀日立の金沢成奉(せいほう)監督(55)、鹿児島実の宮下正一監督(49)に、それぞれの学校担当記者が、相手チームの印象や試合のポイントを聞いた。

 ――チームの状態は。

 金沢監督 茨城大会で不調だったエース猪俣は、緩急をつけた理想の投球に戻りつつある。打撃の状態も徐々に上がってきた。内野手の送球や連携の乱れは修正していきたい。

 宮下監督 とくに、4番打者永井の打撃の調子が上がっている。バットをスムーズに振れている選手が多い。あとはチームのテンションを高めていくだけと思っている。

 ――相手の印象は。

 金沢監督 長い間、高校野球を引っ張ってきた伝統校で、エース赤崎君を中心に、守備力の高いチームだと感じている。

 宮下監督 打線は切れ目がなく「打ち勝つ」野球をめざしている印象だ。飛距離が出そうなスイングをしているので、注意したい。

 ――相手チームで警戒している選手は。

 金沢監督 赤崎君。打者のタイミングをずらすのが得意な投手で、連打は望めない。とくに、キレがあるスライダーの見極めが大事になる。

 宮下監督 石川主将。投打ともにこの選手が乗ったら、チームも乗っていく雰囲気を醸し出している。コンスタントに打っている本坊君も警戒している。

 ――自チームで鍵となる選手は。

 金沢監督 猪俣が力んだり、気持ちが入りすぎたりしないかが鍵。打撃では、中軸の佐藤、石川、武田が機能するかどうか。

 宮下監督 赤崎がいかに淡々と投球できるかで、試合の7、8割が決まる。永井が打ち始めるとチームは波に乗れそう。

 ――理想の試合展開は。 金沢監督 ロースコアのゲームになりそうだ。猪俣、石川が3点以内で抑えてくれれば。大量得点は難しそうだが、着実に点を取りにいきたい。

 宮下監督 中盤まで僅差(きんさ)でついていき、接戦に持ち込みたい。終盤までもつれたら勝機がある。5点以上取られたら苦しくなる。

 ――初戦へ意気込みを。

 金沢監督 甲子園で初戦を勝つ難しさは誰よりも分かっているつもり。厳しいゲーム展開が予想されるが、何が何でも、まずは一勝したい。

 宮下監督 楽しみつつ、勝ちたい気持ちをグラウンド全体に出していければ。鹿児島大会では苦しい戦いも乗り越えてきた。自信はある。(西崎啓太朗、仙崎信一)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ