スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日記めくると野球楽しむ自分が…札幌大谷エース森谷、強気のスタイル

2022年8月10日10時53分

朝日新聞DIGITAL

 初出場の南北海道代表の札幌大谷は9日、二松学舎大付(東東京)と対戦した。九回2死から同点に追いつく粘りを見せたがサヨナラで敗れ、勝利をつかめなかった。10日は北北海道代表の旭川大が大阪桐蔭と戦う。

     ◇

 荒れ球。多少の四死球を気にせず、「強気に楽しむ」のが札幌大谷のエース森谷大誠投手のスタイルだ。

 昨秋の札幌地区予選で負けてからつけはじめた日記には、調子が良い時は野球を楽しんでいる自分がいた。南北海道大会の決勝で弱気になる場面があり、改めて「楽しむメンタルが大事だ」と気付かされた。この日は「ワクワクしながらマウンドに上がった」。

 序盤からボールが先行し、直球主体で押した。その直球を狙い打たれ、佐々木涼斗捕手(2年)と話し合い、変化球主体でいこうと決めた。

 五回裏、前の打席で安打を許している2番打者から始まる相手打線。だが、警戒する相手4番打者を、強気に内角をえぐる直球を混ぜながら、決め球のシンカーでフライアウトに打ち取るなど、三者凡退で切り抜けた。「今日一番のピッチングでした」

 一番悔やまれるのは、最後に投じた直球だ。外角に要求されたが真ん中に入ってしまった。打球は三塁線を抜けていった。

 それでも試合後に言い切れた。「甲子園のマウンドは楽しかったです」(石垣明真)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ