スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

愛工大名電が大勝、左腕の有馬も好投 星稜は序盤に無死の走者返せず

2022年8月7日14時19分

朝日新聞DIGITAL

 (7日、第104回全国高校野球選手権大会1回戦 愛工大名電14-2星稜)

 ◎…愛工大名電の左腕有馬が8回2失点の好投。140キロ台の直球と変化球で丁寧にコースを突いた。一、二回とも先頭の出塁を許したが、後続を断ち、味方の大量点を呼び込んだ。星稜は一、二回に続き、三回も無死の走者を生かせなかった。        

 星稜・佐々木優太主将 点差が開いたが「ここからだぞ」「楽しもうぜ」とベンチで声を掛け合った。勝てなかったのは悔しいが、最高の舞台で最高の仲間と最後まで諦めずに試合を楽しめた。自分たちの楽しむ野球ができた。代打での安打は執念で打った。

 星稜・山下智将監督 相手の打撃が一枚、二枚上手だった。足を使った攻撃をしたかったができなかった。安打数の割に得点できず、大量失点が痛かった。色々あったが3年生はよく耐え、成長してここに戻ってきた。その力を今後の人生に生かして欲しい。

 愛工大名電・有馬伽久主将 すごい投手が相手だったので少ないチャンスをものにしようと臨んだ。一、二回に点が取れ、気持ちを楽に投げられた。疲れはあまり感じていない。次は大量点は難しいと思うので、守備からリズムをつくって勝ち上がっていきたい。

 愛工大名電・倉野光生監督 マーガード投手は球威もあり、なかなか点をくれないと思った。好投手に三振すると流れが変わる。選手はボールを見極め、よくついていった。相手が嫌がると思ったので犠打より強攻策をとった。全員がむらなく打てる持ち味が出た。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ