スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

八戸学院光星、あす創志学園と対戦 両監督が意気込み

2022年8月6日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会に出場する八戸学院光星は第2日の第1試合(7日午前8時開始)で、創志学園(岡山)と対戦する。公式戦でも練習試合でも、一度も戦ったことのない相手という。仲井宗基監督と長沢宏行監督に、オンラインと電話で相手校の印象や意気込みを聞いた。

 ――チームの状態は

 仲井(八戸学院光星) 青森大会は打撃の調子が上がっていなかったが、ようやく自分たちの攻撃ができるようになってきた。

 長沢(創志学園) 岡山大会からのいい状態を維持している。エース岡村は5試合をほぼ1人で投げたが、決勝以降1週間以上休めており、いい状態だ。

 ――相手チームの印象は

 仲井 春の中国大会で優勝している点を見ても、非常に力のあるチームだと感じている。

 長沢 青森大会は接戦をものにした試合が多いようで、非常に粘り強いチームなのではないか。

 ――カギとなる選手は

 仲井 青森大会で振るわなかった1、2番の佐藤と井坂がようやく自分の打撃を取り戻した。4番の野呂も本来の打撃ができている状況。打つべき人がしっかりと打てればいい。

 長沢 岡村と竹本のバッテリー。岡山大会でも2人がコンビネーションの良さを発揮して、勝ち進んだ。打線は状態がいいが、特に左打者の1番横井、2番木村政、4番金田がどれだけ通用するかがカギ。

 ――どう戦うか

 仲井 先にほころびを見せないようにしたい。今年は総力戦で勝ち上がっており、全員つぎ込むぐらいの展開にしていきたい。

 長沢 岡山大会ではしっかりと抑えて勝った試合が多い。岡村がどれだけ抑えられるかだろう。

 ――理想の試合展開は

 仲井 予想しないようにしているが、どんな展開になっても最後まで粘り強く戦っていきたい。

 長沢 投手が2、3失点に抑え、打線がそれを上回る点を取る。緊張感ある試合にしたい。

 ――長沢監督はこの夏で勇退する。意気込みを

 長沢 選手たちを活躍させたい。そしてこれから岡山の高校球界を背負う若い指導者たちに、何かを残せるような試合にしたい。

 仲井 うちは出場校最多の部員数を誇る分、最多の思いを結集させ、気持ちで負けないようなゲームをしていきたい。(西晃奈、小沢邦男)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ