スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明豊、きょう6日初戦 開会式リハーサル

2022年8月6日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 【大分】第104回全国高校野球選手権大会は6日、兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する。2年連続8回目出場の明豊は5日、同球場で開会式リハーサルに臨んだ。

 リハーサルは本番と同じ午前9時に始まり、代表校の選手らが集合。明豊の選手たち18人は腕を振り上げ、夢の舞台の球場の感触を確かめるように行進。整列した後、前年度優勝校の智弁和歌山の岡西佑弥主将が優勝旗を返還するのを、じっと見守っていた。

 明豊の牧野太一・二塁手(3年)らは初戦の対戦相手が群馬代表の樹徳と決まった翌日の4日夜、オンライン取材に対して相手の右腕エースを想定した練習を始めたことを明かし、チーム全体の状況について「大分大会よりバッティングの状態は上がってきている。初戦は一人ひとりが勝つという強い気持ちをもって臨む」と意気込みを語った。

 竹下聖人・一塁手(同)にとって甲子園は「1年半ぶりにやっと帰ってくることができた」という舞台だ。現在の心境について「ものすごくワクワクしている」と語り、こう続けた。「今のホテルでもしっかり寝ています。ここまでやってきたことを甲子園で出すだけ。全力でプレーしたい」。学生コーチの片岡快・記録員(同)は「初戦に向けてワクワクしている選手が多い。自分は、選手が持っているプレッシャーを吹き飛ばしたい」と語った。

 明豊は6日の開会式後、第2試合で群馬代表の樹徳と対戦する。(奥正光)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ