スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

樹徳は大分代表の明豊と対戦

2022年8月4日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市のフェスティバルホールであった。30年ぶりに挑む群馬代表の樹徳は、大会初日(6日)の第2試合で大分代表の明豊と対戦する。試合開始は午後1時の予定だ。

 抽選会は午後4時から始まった。事前の予備抽選で、くじを引く順番が37番に決まっていた樹徳の阿久津佑太主将は「迷わないように、一番右にあるくじを右手で引く」と決めていた。

 各校の選手が見つめるなか、箱の一番右隅にあるくじを右手で取り出すと、「2」の文字が目に入った。大会初日の2試合目だった。「あたっちゃったという感じでした。なるべく初日は引きたくなかったので」

 対戦相手に決まった明豊は、大分大会では全試合で7点差以上をつけ、圧倒的な強さで勝ち上がってきたチーム。樹徳は練習試合も含めて初対戦となる。

 阿久津主将は「相手がどこであれ、自分たちの野球をしっかりとやるだけ。試合まであと3日間、しっかりと調整したい」。井達誠監督も「選手たちはここまでケガも無く順調に来ている。いつも通り挑めればと思う」と話した。(吉村駿)

     ◇

 樹徳・阿久津佑太主将 初日は緊張感がありそう。流れを持ってこられるように、声を意識したい。相手のことはまだ分からないが、守りではエースの亀井が粘り強く投げて、打線はつないで点を取りたい。試合に向け、もっとチームの雰囲気を上げていく。

     ◇

 樹徳・井達誠監督 明豊については分からないことばかりだが、粘り強く、すべてにおいてレベルが高い印象だ。大会初日の試合となったが、群馬大会から日にちがあき、選手たちの疲れもとれている。これまで通り、やれることをしっかりやって試合に臨みたい。

     ◇

 明豊・江藤隼希主将 開幕日の試合になって驚き、しっかり準備しようと思った。相手は群馬県の激戦区を戦い抜いてきているので粘りやしぶとさがあると思う。自分たちは挑戦者という気持ちでしっかり準備し、1打席目、一回表から100%の力を出したい。

     ◇

 明豊・川崎絢平監督 相手は群馬県というレベルの高いチームが多いなかを勝ち上がった力のあるチーム。昨夏も関東のチームにやられたが、今年は勝ちたい。甲子園での初戦は大分大会ほどの点が取れるとは思っていない。接戦に強いかどうかがカギになる。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ