スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

創志学園の初戦は八戸学院光星 「岡山の優勝校の自信持って戦う」

2022年8月4日08時00分

朝日新聞DIGITAL

 6日に開幕する第104回全国高校野球選手権大会の組み合わせ抽選会が3日、大阪市北区のフェスティバルホールであり、岡山代表の創志学園は青森代表の八戸学院光星との対戦が決まった。大会第2日(7日)の第1試合で、午前8時の試合開始予定。

 選手たちが一堂に会して抽選会に臨むのは3年ぶり。予備抽選の結果、横井寿海主将(3年)のくじ順は全体で29番目。各出場校の選手が見守る中、利き手の左手で組み合わせ札を引いた。客席にいた選手たちは決まった瞬間は、シーンとした様子に。続けて笑みがこぼれた。

 八戸学院光星は6投手を擁してしぶとく青森大会を勝ち上がったチーム。これまで縁がなく初対戦というが、長沢宏行監督は「どこが相手でも各都道府県大会を勝ち抜いた強いチーム。うちも中国大会、岡山大会の優勝校として自信を持って戦いたい」と話した。

 選手たちは岡山を発つ前、仲間同士で丸刈りに。「改めて一体感、甲子園への思いを深めたいと思った」と横井主将。勝負のカギを「バッテリーの出来次第」としつつも「下位打線が好機を作り、上位打線がかえす」という岡山大会同様の展開で勝機を見いだしたいとした。(小沢邦男)

     ◇

 創志学園・横井寿海主将 八戸学院光星は東北の強豪で厳しい戦いになる。改めて自分たちがやるべきことをしっかり考えて臨む。こちらに来て、チームはさらにモチベーションが上がっている。岡山大会同様、選手一丸となって1点を取る野球で勝ち上がりたい。

     ◇

 創志学園・長沢宏行監督 チームは岡山大会からのいい状態を維持している。最少失点に抑え、少ない好機をものにできるかがカギ。大会第2日は少々早いが、選手たちは早く試合をやりたがっている。八戸学院光星は東北の名門。しっかりと研究して臨む。

     ◇

 八戸学院光星・洗平歩人主将 現地入りしてから暑さにも慣れて、打撃の調子や活気も上がりつつある。試合は2日目なので、このままの調子でいきたい。相手は西純矢投手(阪神)がOBということもあって、好投手がいるイメージ。これから研究したい。

     ◇

 八戸学院光星・仲井宗基監督 青森大会が早い時期に終わったので、間延びせずに戦える日程でよかった。青森大会と同じく一戦必勝で先のことは考えず、うちのスタイルで戦う。相手の長沢監督は高校野球をリードされてきたベテラン。勉強させていただく。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ