スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

国学院栃木などシード 秋季高校野球県大会 対戦決まる

2022年9月1日10時45分

朝日新聞DIGITAL

 9月10日に開幕する第75回秋季栃木県高校野球大会(県高野連主催)の組み合わせ抽選会が8月31日、宇都宮市の県総合教育センターで行われた。

 大会は9月25日までの11日間で加盟62校55チームが参加する。シード校は8月に行われた交流戦で勝ち上がった国学院栃木、白鷗大足利、作新学院、佐野日大、栃木工、青藍泰斗、足利、文星芸大付の8校。「鹿沼南・今市」「壬生・益子芳星・栃木翔南」「佐野東・佐野松桜・足利清風」「宇都宮中央・那須・さくら清修」の11校は、四つの連合チームとなって出る。宇都宮中央は初出場となる。

 上位2チームは10月22日から埼玉県で開かれる関東大会に出場する。大会の成績は来春に行われる選抜大会の選考材料になる。

 開会式は行わない。観客の入場制限はない。入場料は大人800円など。

 今夏の甲子園大会でベスト16に進出した国学院栃木は、2回戦からの登場で、鹿沼東―宇都宮商の勝者と顔を合わせる。原野泰成主将(2年)は「(夏の甲子園で)全国レベルの強豪と対戦して学んだことをチームに浸透させる。目標である(春の)甲子園に向かって、一戦一戦大事に、チャレンジャーとして戦う」と抱負を語った。(津布楽洋一)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ