スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「ライバルであり親友」から教わった勝負球 東京都市大塩尻・三沢君

2022年7月30日21時00分

朝日新聞DIGITAL

 (30日、高校野球長野大会決勝 佐久長聖7―1東京都市大塩尻)

 東京都市大塩尻の先発マウンドを任されたのは、背番号7の左腕・三沢俊介(3年)だった。

 1―1の四回1死一塁。佐久長聖・広田龍星(同)を2球で追い込んでから粘られた。10球目は併殺を狙ったカットボール。「インコースの、甘い球ではなかった」。自信を持って投じた勝負球を中前に返された。気持ちを落ち着ける間もなく、次打者の初球、左中間に2点適時三塁打を浴び、勝ち越された。

 「いい形でつなぎたかった。申し訳ない」。5回5失点。背番号1、主将の今野瑠斗(同)に後を託した。

 今野は「ライバルであり、親友」だ。入学してからずっと同じクラス。野球部では1年秋からそろって登板するようになった。3月からは寮でも同部屋。時間があれば野球談議にふけった。

 2年の夏、三沢が相談した。「打ち取る球を増やしたい」。今野から勧められたのがカットボール。球の握りを教わり、フォームも2人で話し合って磨きをかけ、この夏の決勝では重要な場面でこの球に頼った。

 準決勝までの5試合を交互に先発し、今野が3完投、三沢が2完投。最後は2人の継投で佐久長聖打線に挑んだが、甲子園にはあと1歩、届かなかった。

 「切磋琢磨(せっさたくま)してここまでやってきて、最後、決勝で2人で投げられた。それは思い出です」(菅沼遼)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ