スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

佐久長聖のつなぐ姿勢、投打でみせた先輩 後輩が勝ち越し打で応えた

2022年7月30日21時00分

朝日新聞DIGITAL

 (30日、高校野球長野大会決勝 佐久長聖7―1東京都市大塩尻)

 1―1で迎えた佐久長聖四回表の攻撃。1死から張田大(3年)が左前安打で出塁すると、背番号10の投手、広田龍星(同)が打席に立った。バント失敗で追い込まれたが、ファウル5球と粘り10球目を中前へ運んだ。

 粘り勝ちにも見えるが、本人は「投球に集中したかったので、早くヒットを打って塁に出たかった。でも、(相手投手の)三沢君の直球がシュート気味に来て、打ち切れなかったんです」と明かす。

 その打席を目の前で見ていたのが次打者の藤沢直輝(2年)。真ん中に来た初球を振り抜き、走者2人を返す値千金の2点勝ち越し打になった。「広田さんは好投していたし、バッティングでもつなぐ姿勢を見せてくれた。刺激になりました」と、「100点満点」の打撃を振り返った。

 優勝の瞬間、涙があふれて何も見えなかったという広田。コントロール重視の粘りの投球を持ち味に、「甲子園では背番号1をつけたい」と胸を張った。(羽場正浩)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ