スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

県岐阜商の小西投手、九回に好リリーフ 両親のおかげで自信持てた

2022年7月28日20時00分

朝日新聞DIGITAL

 28日、高校野球岐阜大会決勝、県岐阜商7―6帝京大可児

 八回に4点差を追いついた県岐阜商は、九回から背番号10の小西彩翔(あやと)投手(3年)をマウンドに送った。

 「自分を信じて投げるだけ。チーム全員を甲子園に連れていく」。気合を入れた小西投手は自己最速タイの145キロの直球とスライダー、カットボールを惜しみなく披露し、勢いに乗る帝京大可児打線を3イニングで1安打に抑えた。

 昨夏の甲子園では初戦の明徳義塾(高知)戦で七回からリリーフし、九回にサヨナラ負けを喫した。

 「甲子園の借りは甲子園で返すしかない」。悔しさを胸に秘めてこの1年、練習に励んできた。

 だが昨年秋以降は、直球のスピードとキレが戻らず自信をなくしていた。「正直、野球から離れようと思ったこともあった」と振り返る。その時、両親が「自分を信じて頑張りなさい」と励ましてくれた。

 「集大成の試合で力を出せてうれしい。支えてくれた両親に恩返しができた」といい、「甲子園では150キロのスピードボールで球場を沸かせます」と笑顔がはじけた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ