スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

相次ぐメンバー交代 満身創痍で臨んだ春の王者・上田西

2022年7月28日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 (27日、高校野球長野大会準決勝 上田西2―3東京都市大塩尻)

 「もう来てます!」

 後輩の三塁コーチャーが叫んだが、もう遅かった。

 1点を追う八回裏2死二塁、上田西の小川隼弥(としや)(3年)のピッチャー返しが中前に抜けた。と思った瞬間、打球は二塁ベースに当たって跳ね、二塁手のグラブに。三塁に送球され、オーバーランしていた岡島諒(りょう)(同)は戻る間もなくタッチアウト。絶好の同点機を逃した。「完全に抜けたと思って、四つ(本塁へ)行くつもりだったんですけど」

 春の王者、上田西はベストメンバーが組めない戦いが続いた。準々決勝当日にベンチ入りメンバー8人が交代するなど、大会中に約半数の選手が入れ替わる満身創痍(そうい)の状態だった。

 高校通算19本塁打、積極的なスイングが持ち味のリードオフマン・岡島も準々決勝は登録から外れ欠場。この日再登録され、練習できないまま試合に臨んだ。

 チームは相手好投手の前に五回まで無安打に抑えられ、攻撃の糸口がつかめなかった。

 3点を先取された直後の六回裏、2死走者なしで打席に入った岡島は腹部に死球。「痛い!」と球場に声が響いた。試合は一時中断。再開直後、適時打や暴投で一気に2点を返し、流れが変わりかけた。「(自分がいない中)みんなが準決勝までつないでくれたので、自分もつなげたかった」と痛みをこらえ出場を続け、生還した。

 八回は無死一塁の場面。三ゴロで、併殺を取られかけたが、執念のヘッドスライディングでゲッツーを回避。得点圏まで進んだが、同点の生還はできなかった。試合後、「最後までみんなで戦えなかったことだけが悔しい。勝ちたかったなあ」と漏らした。

 九回裏2死一塁で打席に入ったのは、代打の切り札・春口慶太(同)。ムードメーカーとしてベンチで声出し役を買って出ていた。代打がコールされた時に浮かんだのは、この日入れ替わりで登録を外れた飯田尚良(同)の顔だった。「お前なら絶対打てるから」と言われていた。追い込まれてからファウルで粘ったが、最後は空振り三振。「やっぱり、勝ってまたみんなで戦いたかった」。悔しさと仲間への感謝の涙があふれていた。

 吉崎琢朗監督は「今日この場に立たせていただいて、不安な面もありましたけど、関係者の皆様に感謝したい。選手は最後まで食らいついて、頑張ってくれました」とねぎらった。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ