スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

不調のエース、リリーフで示した存在感 帝京大可児・鈴木君の気迫

2022年7月25日06時00分

朝日新聞DIGITAL

 24日、高校野球岐阜大会準々決勝、帝京大可児9―3岐阜城北

 帝京大可児は逆転に成功した五回、先発した山岡航大投手(3年)から引き継ぎ、背番号1の鈴木孝介投手(3年)がマウンドに上がった。「いつでも投げられる準備は出来ていた。チームに流れを呼び込む投球をしようと思った」

 伸びのある直球と多彩な変化球を駆使し、この回、岐阜城北打線を三者凡退に抑えた。続く六回、山岡投手から一回に2点本塁打を放っている竹久颯真選手(2年)と対戦。ファウルで粘られたが、8球目の内角スライダーで見逃し三振に切って取った。

 今大会は2回戦と4回戦に登板したが、直球が高めに浮くなど本調子ではなかった。22日の練習で投球フォームの修正に取り組んだ。低めへの投球を意識して臨んだ岐阜城北戦では、5イニングを散発2安打に抑え、エースの存在感を示した。

 鈴木投手は「緩急を使った山岡の後は自分の直球が生きてくる。今日も満点の投球ではなかったが、次の試合も2人で相手打線を最少失点に抑えていきたい」と意気込んだ。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ