スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

4度目リベンジならずも「自分のプレーできた」 山形城北・槙晃生君

2022年7月21日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 20日、高校野球山形大会準々決勝、山形中央3―2山形城北

 槙晃生君(3年)は、主将、4番、捕手として山形城北を率いた。一回表、先制を許し、2死ながら走者を残す展開。「思い切って腕を振れ」。ジェスチャーで先発、大武俊介君(2年)に伝えた。5球目で捕邪飛に打ち取り、追加点は与えなかった。

 雨に救われたかたちとなった前日の試合は一回表に1死もとれないまま、10点奪われた。「相手がガツガツ声を出してきて、圧に負けてしまった」。反省し、この日ははね返せるくらいの声で仲間を鼓舞するよう意識した。二回裏、1―1の同点に追いつくと、「どこからでも得点出来るぞ。集中していこう」。そう声を張った。

 山形中央は、意識するチームだった。昨秋の県大会は0―15で敗退。あまりに情けなく、打撃練習の待ちの時間が惜しくて雪の降る屋外でバットを振った。しかし、今春の地区予選も6―15。「山形中央を倒して甲子園に行く」。夏に向けて誓った。

 3度目の前日、コールド負け寸前まで追い込まれたが、諦めず粘るなかで雨天ノーゲームに。「神様が自分たちに『勝て』と言っていると思って気持ちを入れ替えよう」。チームに活を入れた。

 「4度目」もリベンジはならなかった。だが、「投手を中心に予想以上にまとまっていた」と山形中央の奈良崎匡伸監督が感心するほど。2回追いつき、最後まで勝負が読めない接戦に持ち込んだ。

 「悔しい。だけど、声を出し、明るく、自分たちらしいプレーができました」。戦いを終えた槙君。表情はさっぱりとしていた。(須田世紀、平川仁)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ