スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

2度の守備のミス、取り返すサヨナラ演出 岐阜城北・2年生の島川君

2022年7月20日21時00分

朝日新聞DIGITAL

 20日、高校野球岐阜大会3回戦、岐阜城北5―4飛驒高山

 4―4の同点で迎えた九回裏。岐阜城北の8番打者で中堅を守る島川永大選手(2年)が中越え二塁打で出塁した。送りバントで三塁へ進み、鉞(まさかり)陽聖選手(3年)の左前適時打でサヨナラとなるホームを踏んだ。

 三回と五回の守備ではセンター後方への飛球に追いつきながら捕球できず、飛驒高山に得点を許してしまった。だが、3安打と打撃で勝利に貢献し、「自分のミスで迷惑をかけた。バットで取り返せてよかった」と笑顔を見せた。

 投げては四回2死から登板した長谷川友駿投手(2年)が好投した。この春、上手投げから横手投げにフォームを変え、大会直前にベンチ入りを果たした。

 外角への直球とスライダーを巧みに操り、10奪三振で、六回以降は無安打に抑えた。秋田和哉監督は「100点満点の投球」とほめた。長谷川投手は「一人ずつ丁寧に投げた。チームに流れを呼び込むことができてよかった」と笑顔だった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ