スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球石川大会、金沢市工など8強出そろう

2022年7月18日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 石川大会は17日、県立野球場と金沢市民野球場で3回戦4試合があった。終盤での逆転、ノーシードの公立校がシード校に迫るなど熱戦が繰り広げられ、ベスト8が出そろった。21日にベスト4をかけ、2球場で準々決勝4試合が行われる。(朝倉義統、マハール有仁州)

     ◇

 (17日、高校野球石川大会3回戦、金沢市工3―1鵬学園)

 今年3月20日の朝の練習前。鵬学園の浅井純哉監督(65)は、この夏の大会を最後に退任することを初めて部員らに告げた。森田純士主将(3年)は驚きを隠せなかった。だが、「どんな形でも勝って恩返ししよう」。チームでそう誓い、夏に向けての約4カ月間、練習を重ねてきた。

 浅井監督は、前任の金沢高校を春夏合わせて11度甲子園に導いた名将だ。2012年9月からは、鵬学園の監督として部員たちを育ててきた。

 この日の八回、森田主将は失策で相手に同点を許してしまった。「自分のエラーで負けた」。試合後、報道陣に語っているのを聞いた浅井監督が力強く伝えた。「自分でそう言うな。良いプレーや。お前で助かったんやみんな」。

 浅井監督は涙を流しながらも、「結果がどうであれ、一生懸命さが伝わったし、成長した姿も見られた」。名将の顔は充実感にあふれていた。(マハール有仁州)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ