スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

飯山エース、好守に「マジ、ありがとー」 その裏に一挙8得点で逆転

2022年7月14日21時00分

朝日新聞DIGITAL

 14日、高校野球長野大会2回戦、飯山11―4松本県ケ丘

 「少しやばい展開かな」

 ベンチに控えていた飯山のエース、中村真都(まなと)(3年)はそう感じた。

 三回を終えて4点を追う展開。しかも味方打線は無得点。いやな空気が漂いはじめたとき、吉池拓弥監督に言われた。「お前が流れを変えてこい」。マウンドを託された。

 130キロ台中盤の強い直球が持ち味。「よっしゃ、やってやる」と臨んだが、立ち上がりの四回は少し焦った。球が浮いてストライクが入らない。四球で走者を2人出し、ピンチを招いた。

 5点差にされるのはどうしても避けたい。2死はとったが、次打者にフルカウントから痛烈なゴロを打たれた。

 打球が三遊間を抜けようとする瞬間、三塁手の坂口大透(ひろと)(3年)が横っ跳び。捕球後、素早く一塁に送って3アウト。中村は「坂口、マジ、ありがとー、って感じでした」。

 その裏、中村は自らチーム1点目となる適時打を放った。この回は5安打に四球と失策が絡み、一挙8得点。試合をひっくり返した。

 真冬は街が一面雪に覆われる飯山市。中村は雪の積もるグラウンドを走り込み、下半身を鍛え、直球に磨きをかけてきた。

 打線の援護を受けた後、「ほんとに楽になった」。自慢の直球を中心に4イニングを1安打に抑えた。チームは昨夏できなかった2勝目をあげ、3回戦進出を決めた。

 吉池監督は「練習でもビハインドの状況を想定してきた」といい、試合中に持ち直した選手らをたたえた。中村は「立ち上がりを抑えられるようになりたい」と課題を意識。次戦までに修正するつもりだ。(高億翔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ