スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

昨秋「ぼろ負けした」シード校と互角の勝負 上三川がみせた伸びしろ

2022年7月13日21時00分

朝日新聞DIGITAL

 13日、高校野球栃木大会2回戦、小山3―1上三川

 勝った小山の校歌が流れている間、ベンチ前に整列した上三川の選手たちは、悔しさをぐっとこらえていた。それでもシード校と終盤まで互角の勝負ができたことで、表情からは充実感もうかがえた。

 試合は伊東賢治監督が狙った通りのロースコアの展開に。昨年秋の練習試合では「ぼろ負けした」という相手に大量点を許さなかった。エースの大島叶夢は「制球が今まで以上に良く、カットボールで打ち取れた。高校野球をまっとうできて、楽しかった」。失投は八回に許した適時三塁打だけだったという。

 安打数は両校とも7本。勝敗を分けたのは、好機であと一本が出たかどうかの差だろう。主将の神翔貴は「(小山は)一球の重さを大切にしてきた」と課題を挙げた。

 高校時代は選抜大会で準優勝を経験し、宇都宮南で指揮を執った伊東監督が就任して3年目。指導は「基礎を大切にしている。若い選手たちなので、伸びしろがすごい」という。

 この日、5安打を放った保坂蓮など有望な2年生も多い上三川。いわゆる野球強豪校ではなくても、緊張感のある質の高い試合ができることを証明した夏になった。(津布楽洋一)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ