スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山形・酒田西マネジャーは生徒会長との「二刀流」 学校側との交渉も

2022年7月10日20時30分

朝日新聞DIGITAL

 (10日、高校野球山形大会 酒田西1-8山形城北)

 酒田西の後藤理佐さん(3年)の学校生活は、野球部マネジャーと生徒会長の「二刀流」だ。山形城北戦では記録係を務めた。座って、ではなく、立ちっぱなし。「暑くてバテそうな選手に、すぐ氷囊(ひょうのう)を渡せるから」。細かい気遣いだ。

 野球に興味を持ったのは、高校野球のコーチをしていた父の影響。「小学1年から中学まで、キャッチボールに付き合ってくれました」。高校でプレーしたい気持ちもあったが、「父のように選手をサポートしたい」と、マネジャーに。

 だれかを支えるのが性に合う。1年の時は生徒会副会長、2年からは生徒会長だ。昨年、コロナ禍で中止だった文化祭は2年ぶりに復活したが、メイクは禁止。生徒たちから「(文化祭の時くらいは)自分の好きな格好で楽しみたいのに」との声を聞き、「節度を持った範囲で、自由にさせてほしい」と学校側と交渉している。

 伊藤拓夢主将(3年)は「気づかぬうちにサポートしてくれて、安心し、のびのびとプレーできた」。後藤さんも涙をこぼしながらも「楽しかった」と笑顔を見せた。(須田世紀)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ