スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

大所帯の3年生が見せた夏の姿 黒磯、九回に同点に追いつく

2022年7月10日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 9日、高校野球栃木大会1回戦、宇都宮商8―5黒磯(延長十一回)

 黒磯の粘りは見事だった。2点を追う九回裏。1死二、三塁から1番打者の今井康陽が右中間をライナーで破る三塁打で同点とした。「何とか追い付きたい一心だった。自分のスイングをと思っていた」

 ただ、後続が攻め手を欠き、勝ち切れなかった。延長の末に敗れたとはいえ、試合後は力を尽くした顔が並んだ。

 ベンチ入り20人のうち3年生が19人。170センチ、89キロの一塁手・手塚晃秀主将が言う。「1年生の時から人数が多くて、実戦中心の3年間だった」。なかなか点が取れない展開でも、失策が失点に絡む場面でも、堂々とした主将を中心に雰囲気は前向きに見えた。

 再三の好守をみせた二塁手の関根隆太は「何とか守りからもり立てていこうと。3年間一緒にやってきた仲間との最後の大会だったから」。

 チームには長髪もいる。高久昌弘監督によると「でも、大会前は10人以上が丸刈りにしてきた」そうだ。期するところを存分に見せた黒磯の夏、だった。(根岸敦生)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ