スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

42チームが入場行進 富山大会開会式

2022年7月7日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権富山大会(朝日新聞社、県高校野球連盟主催)の開会式が6日、富山市民球場(富山市下飯野)で開かれた。新型コロナの感染拡大でとりやめとなっていた入場行進が3年ぶりに再開され、参加42チームの選手が力強く行進した。

 開会式は午後3時半から始まった。ファンファーレと同時に昨夏の優勝校、高岡商を先頭に各チームが次々と入場。今年から一般客の入場も許可され、スタンドには大勢の観客が姿を見せ、選手に拍手を送っていた。

 式では、高岡商の近藤祐星主将(3年)が優勝旗を返還。県高野連の田中宏育会長は「これまで応援してくれた方々への感謝の気持ちを忘れず、自分を信じて、グラウンドでともに汗を流した仲間を信じて、持てる力のすべてを尽くして戦って下さい」とあいさつ。朝日新聞富山総局の野中一郎総局長は「選手のみなさんはスタンドからの応援に応え、全力プレーであこがれの甲子園を目指して頑張ってください」と激励した。

 試合は9日から始まり、県内5球場で熱戦が繰り広げられる。順調に日程が進めば、決勝は29日午前10時から、富山市民球場である。入場料は一般600円、高校生100円、中学生以下無料。(井潟克弘)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ