スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球福井大会、対戦決まる 14日に開会式、16日から1回戦

2022年7月7日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権福井大会(朝日新聞社、県高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が6日、福井市の県生活学習館(ユー・アイふくい)であり、参加28チームの対戦相手が決まった。14日に開会式、1回戦は16日から始まる。順調に進めば28日に代表校が決まる。

 各校の主将は抽選のくじを引く前に壇上で大会への決意表明を述べた。開幕試合を引き当てた、武生東の宮本琉生(りゅうき)主将は「チーム全員で目の前の試合を全力で勝ち抜く」、金津の武田翔大主将は「大会が開催できることに感謝し、3年間の集大成を見せます」と声を張り上げた。

 昨夏の全国8強で今春の選抜大会に出場した敦賀気比は高志と対戦。コロナの影響で、シードが決まる春の県大会の出場を途中で辞退した。夏はノーシードで出場するが、春山陽登(あきと)主将は決意表明で、「まずは県大会を制し、全国優勝を目指します」と述べた。

 シードは、春の県大会4強の啓新、福井工大福井、丹生、敦賀工の4校。県大会優勝の啓新の高橋樹生(いつき)主将は「どこが対戦相手でも一回から九回まで全力プレーで戦う」と話した。

 開会式の選手宣誓は希望校が登壇して抽選に臨み、敦賀の茂道(もどう)和史主将に決まった。「コロナ禍で苦しんだ人に勇気を与えられるような宣誓を部員全員で考えたい」と話した。開会式の放送司会者も抽選で北陸の刀祢沙衣(とねさえ)さん、丹生の上田朱李(しゅり)さんに決まった。

 抽選会で、県高野連の朝倉乗恵副会長は「チームの目標に向け、心一つに努力してきたと思う。はつらつとした姿を期待したい」とあいさつ。長年、監督や責任教師を務めた指導者への表彰式も行われ、奥越明成の勝矢吉弘監督、大野の責任教師、田中徹博さんに功労賞(10年以上)が贈られた。(長屋護、柳川迅)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ