スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

星稜、日本航空石川、小松大谷…強豪ぞろいの石川大会、展望を聞いた

2022年7月7日15時07分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権石川大会(朝日新聞社、県高野連主催)が8日に開幕する。甲子園出場をかけて、44チームが熱戦を繰り広げる。組み合わせ抽選の結果を踏まえ、県内強豪校の前監督やテレビ解説者の皆さんに、見どころや展望を語ってもらった。

 ――Aゾーンの見どころは

 南 日本航空石川の初戦、津幡戦が非常に面白い。航空石川が倒されるとすればここでしょう。あと、鵬学園は力があり、十分上位を狙えますね。

 須磨 同じく航空石川の初戦ですね。津幡は毎年いいチームを作って、よく鍛えられています。両校とも投手が複数いて、継投がカギになると思います。もう一つは、鵬学園と羽咋工が好カードですね。

 山本 優勝候補と言われる学校は、どこよりも甲子園への思いを寄せて戦います。でも、初戦が一番力が発揮できないんです。航空石川は北信越大会も優勝して群を抜いています。初戦としては面白い試合になると思います。

 須磨 航空石川の中心打者、内藤も注目です。

 山本 内藤は将来、プロでクリーンアップを打つ可能性のある選手です。対する津幡には様々なタイプの投手がおり、航空石川の苦戦もあるんじゃないかと思います。羽咋工のエース津崎もいいです。

 ――Bゾーンは

 南 小松大谷が抜け出ている感じです。打撃がいいです。春の大会ベスト8の小松もどれだけ頑張れるか楽しみです。

 須磨 初戦の金沢学院大付は打撃が良くなっています。小松は苦戦するかもしれませんね。

 山本 小松大谷の初戦で当たる金沢龍谷の安藤は、シュートや内角の球が決まりだしたら攻略が厳しいです。小松のエース西本は体が大きくなり、相当なトレーニングをしているので、初戦を突破すれば総合力で勝ち上がっていけそうです。

 ――Cゾーンは

 南 星稜の初戦がカギです。金沢商は、上に行くために星稜を倒そうとしてきます。星稜としては要注意ですね。

 須磨 遊学館は上がってくるでしょう。小松工のエース吉野がいいですね。星稜は次に上がってくると思われる小松工にも勝たないといけませんが、マーガード、武内ら投手層が一番厚い。あとは打撃がどう変わっているかですね。昨夏は新型コロナでの不戦敗の悔しさもあると思うので、遊学館と当たると面白い。

 山本 星稜の投手陣は誰が出ても最少失点に抑える技術があり、打撃も好機や相手のミスを突いて得点する力が優れています。遊学館も勝ち上がっていく可能性があります。

 ――Dゾーンは

 南 金沢がちょっと抜きんでている感じがします。

 須磨 金沢を倒す可能性のあるチームは、金沢泉丘、金沢二水、飯田が挙げられるが、負かせるまでいくかどうか。

 佐々木 6月の能登半島の地震で被災した飯田が無事に出場できて安心しています。

 山本 金沢の選手は、加圧トレーニングで体が大きくなった。夏を戦うのに一番強いのではという感じがしています。中でもエースの米沢が良いです。他の投手も抑える力があります。

――ずばり上位を挙げると

 南 総合力で星稜ですかね。

 須磨 春のベスト4の航空石川、小松大谷、星稜、金沢ですね。優勝はどこかわかりませんが。

 山本 1戦1戦を戦っていく中で、航空石川と小松大谷、星稜は接戦が予想されるゾーンで、いい投手を使い続ける必要が出てきます。金沢は投手を多用せずに勝ち進めそうですね。うまく選手の健康管理ができたところが勝つでしょう。

――今大会は吹奏楽や全校応援が可能です

 南 友達が応援に来てくれるのは力が出ます。高校野球の応援が選手に与える影響は大きいですよ。

 山本 応援に来ると、結束を図ることができ、母校愛も生まれてきます。何か一つに向かってできることはすばらしいです。

 佐々木 選手が「石川県で高校野球をやってよかった」と思う環境を提供するのが私たちの役割です。石川県の野球レベルは高くなっています。代表校が「石川大会を勝ち抜くのが一番しんどかった」と思える大会になってほしい。(朝倉義統、マハール有仁州)

     ◇

前遊学館監督・山本雅弘さん

NHK解説者・南行雄さん

北陸朝日放送高校野球解説者・須磨保彦さん

県高野連理事長・佐々木渉さん(オブザーバー参加)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ