スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「ノーノー」前も欠かさぬルーティンとは 札幌大谷・森谷大誠投手

2022年7月6日19時30分

朝日新聞DIGITAL

 6日、高校野球南北海道大会札幌地区Dブロック代表決定戦、札幌大谷12―0札幌静修(8回コールド)

 札幌静修のスコアボードには七回まで「0」が並んだ。安打数を示す「H」も「0」。札幌大谷の森谷大誠投手(3年)は八回裏の投球前、脱帽して深々とマウンドに一礼した。回が変わるたびにするルーティンだ。

 新チームになってから、秋、春とも地区大会で敗退した。森谷投手は春の全道大会では当番校として球場の受付係をした。背中に響く歓声。マウンドに立てない悔しさ。「チームを勝たせる投球をするのがエースの役割だ」と心に刻んだ。

 この日、左腕から投じられた103球目。決め球のシンカーで15個目の三振を奪い、参考記録ながらノーヒットノーランを達成した。「よーし」と声を出し、初めて表情を崩した。

 試合後、森谷投手は「ノーノーより、エースの役割を果たせたことにホッとしています」と話した。(佐々木洋輔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ