スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

9日開幕宮崎大会座談会、最激戦区はAパート

2022年7月6日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権宮崎大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)は9日に開幕する。大会の見どころや注目選手について、県高野連役員に座談会形式でパートごとに展望してもらった。2回に分けて紹介する。(構成・平塚学)

 ■組み合わせ

 【Aパート】1回戦 宮崎南―延岡学園=イ、鵬翔―都城=ロ、宮崎工―都城東=ハ▽2回戦 日章学園―高鍋農=ニ、イの勝者―日向学院=ホ、ロの勝者―ハの勝者=ヘ、小林―富島=ト▽3回戦 ニの勝者―ホの勝者、ヘの勝者―トの勝者(勝者同士で準々決勝)

 【Bパート】1回戦 延岡商―都城工=イ、佐土原―延岡星雲=ロ、門川―飯野=ハ、本庄―日南振徳=ニ▽2回戦 宮崎学園―妻=ホ、イの勝者―ロの勝者=ヘ、ハの勝者―ニの勝者=ト、都城農―小林西=チ▽3回戦 ホの勝者―ヘの勝者、トの勝者―チの勝者(勝者同士で準々決勝)

 ■A ノーシードも粒ぞろい

 ――第1シード日章学園、第8シード富島のいるAパートの展望は。昨夏準優勝の延岡学園もいる。

 浜田 延学は3年生中心。県選手権地区予選の聖心ウルスラ戦では、走るチームという印象を受けた。

 三原 延学は武藤君、佐藤君と右左のしっかりした投手がいる。力を出したらシード校にまったく引けを取らない戦力がある。日章は特に打線がいい。浜砂君、小八重君、野口君、山口君。攻撃力と経験値は高い。不安視するなら投手力だが、ともに勝ち上がってくれば(3回戦の)日章―延学は大会序盤の大きなヤマになる印象だ。

 ――日章は招待野球で広陵(広島)に勝った。

 猪股 日章は走攻守とバランスが一番いい。気がかりなのは優勝をしていないことだ。何か欠けているものがないか。このパートはバランス的には日章、延学。延学は選手の個の力は一番持っている。打力はあるので、シード校以上の怖い存在にもなる。

 餅原 都城はエース大村君がけがをしていたが、140キロ台を投げる。彼がどこまで投げきるかだろう。県選手権地区予選で日南学園と際どい接戦を演じている。地力はある。

 猪股 富島のエース日高君は大会でもナンバー1の球速がある。都城商のエース宮山君と並ぶ大会屈指の投手だ。投手力をある程度計算できるので、点を取られずに勝ち上がっていくと感じる。

 三原 富島は147キロを投げる日高君以外に山口君という試合を作れる好投手もいる。2枚そろうと手ごわい。いい打者もいる。一歩抜けているが、このパートの都城、都城東も力がある。粒ぞろいのAパートでないか。

 餅原 都城東は投手で苦労している。馬渡君がエースで秋の大会はベスト8。体が大きくないので、制球と変化球の切れで打たせて取る投球。長いイニングは難しく、課題がある。攻撃は機動力もある。

 ■B 小林西打線 全国レベル

 ――Bパートの展望は。

 猪股 第5シードの宮崎学園はのびのびと戦うといい結果になるが、春の大会から考えると調子を落としている。エース浦田君が故障し、失点が多い印象だ。

 三原 浦田君はどれくらい復調しているか。打線には勢いがある。浦田君次第で面白くなる。

 ――宮学は若いチームだけあってメンタル面も重要だろう。それ以外では、佐土原は県選手権で地区予選を勝ち上がった。左投手を2枚持っている。

 三原 延岡星雲も佐保君中心に打撃がいい。

 浜田 佐保君は投手としてもいい。マウンドさばきもだが、打てそうで打てない。経験もある。

 三原 好チーム同士の佐土原―星雲はいい勝負になる。

 餅原 都城工は打線がいい。長打を打てる4番がいて機動力もある。大会ごとに投手が代わっているのが課題だ。

 三原 本庄―日南振徳はなかなか面白い試合だ。振徳は昨夏に好投した中野君がどれだけ投げられるか。本庄は打線がいい。二塁手で1番の黒田君は走攻守に力がある。

 餅原 振徳は体が大きい選手が多い。中野君がエースだが、2年生投手杉岡君もいる。のらりくらりとかわす投球で、うまく継投していく。中野君は打者からすると一打席目では捉えにくい。

 猪股 第4シード小林西の打線は全国レベルと言ってもいい。軸になる投手がいないので継投策になる。点が取れなかったときにどうするかが課題だ。

 三原 小林西は1番に岩根君。上原口君、藤君もいる。春の九州大会でも活躍した。打線は今大会でも1、2位。投手がうまくはまるかがポイントだろう。

 浜田 門川は畑中君という打ちにくい右腕がいる。曲がる、動く球を持っていて、直球を待っていると変化球で振らされる。

 三原 門川は冨永監督がよく鍛えており、仕上げてくるのではないか。

(C、Dパートは次回)

 ■出席した県高野連のみなさん

顧問     三原 武博さん(元日向学院監督)

同      猪股  整(ひとし)さん(元理事長)

副理事長   餅原 裕士さん(都城商監督)

理事(県北) 浜田  登さん(富島監督)

(司会は理事長・児玉正剛さん)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ