スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

主将のアドバイス通り先制打 失策取り返した札幌琴似工の1年生

2022年7月5日20時00分

朝日新聞DIGITAL

 5日、高校野球南北海道大会札幌地区Hブロック代表決定戦、札幌北5―2札幌琴似工

 二回表、札幌琴似工の先取点の好機。9番打者の橋岡幸太選手(1年)は打席に入る前、乙部颯良主将から「センターを狙って打て」と声をかけられた。1年生でただ一人、先発出場する橋岡選手。「ランナーをかえして、先輩たちに恩返ししたい」の一念だった。

 初めての夏の大会。2日前の初戦で橋岡選手は緊張のために守備位置の一塁でガチガチになっていた。三回1死一、二塁、飛んできたゴロをはじき、捕れなかった。二塁走者の生還を許す失策。次打者に適時二塁打が出て、逆転を許した。

 ベンチでの円陣。「おい、気にするなよ」。3年生全員から言われた。「絶対取り返すので、ランナーをためてください」と応じた橋岡選手だが、結局5打数無安打。終盤、先輩たちが点を取り返してくれ、辛くも5―4で勝った。

 この日二回表の一振りで、詰まりながらも中前に運び、チームに先取点をもたらした。守備も無失策で終えた。試合は敗れたが、橋岡選手は「初戦よりは緊張なく楽しめた」。乙部主将は「頼もしい後輩たちが、自分たちが果たせなかった地区代表をとってくれるはず」と話した。(佐々木洋輔)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ