スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

けがのバッテリーに託された「1」「2」 ただの数字じゃない背番号

2022年7月5日12時00分

朝日新聞DIGITAL

 2005年6月、受け取った背番号2に納得できなかった。「これはもらえないです」。監督には一度、こう断った。

 野田中央(千葉県野田市)を率いる滝口健太監督(35)には、成東(山武市)3年時の忘れられないこんな記憶がある。

 「2」は本来、レギュラーの捕手がつける番号だ。しかし、走者を塁に出すと怖くなり、弱気なリードをして大量失点した練習試合が脳裏にあった。肩も壊していた。

 同年春の大会では、2年生の後輩が「2」をつけた。だから夏も、自分が出るより後輩が出た方が勝てる。そう思っていた。

 ただ、監督は、どんな時も腐らずに声を出し、チームを引っ張る姿勢を評価していた。夏の大会は控えながら「2」をつけた。

 チームは準々決勝まで進み、強打の木更津総合と対戦。8点差をつけられた六回、代打で起用され、三塁打。この回からの守備では、仲間を信じた強気のリードで相手に得点を与えなかった。

 試合は6―9で敗れた。だが、背番号には特別な思いを持つようになった。

 あれから17年。この春、けがでプレーできないバッテリーにあえて「1」「2」を託した。

     ◇

 野田中央の右腕、斉藤由将(3年)と、捕手の飯塚健太(同)の2人は、幼稚園からの仲だ。中学からはバッテリーを組む。

 「中学時代の斉藤は制球が悪くて四球ばかりだった」と、飯塚は言う。キャッチボールから狙いを定めることを意識し、高校入学後に制球が大きく改善すると、1年秋には「1」をつけた。今は主将としてチームを引っ張り、周囲の信頼も厚い。

 そんな斉藤の背中を追いかけるように野球を続けてきた飯塚。「中学までは無言で捕っているだけだった」が、この点を滝口監督に課題だと指摘された。

 斉藤が得意とする、打者の手元で小さく変化する縦スライダーと、大きく曲がる横スライダーを後ろにそらさない捕球技術。三振を狙うよりも打たせてとることで、斉藤を1人で頑張らせない配球。そのための野手への細かい守備位置の指示。捕手の基本的動作から考え方まで、一から鍛え直された。

 「(斉藤は)自分で考えるタイプなので、直接励ますよりも明るい話で楽にさせたい」と飯塚。ピンチの場面では、「朝ご飯なに食べた?」と、あえて関係のない話をすることもある。今や「僕の安定剤」(斉藤)だ。

     ◇

 今年3月、斉藤はノック練習中に右手人さし指を骨折。「夏が本番だから大丈夫」と励ました飯塚自身もその約2週間後、練習中のクロスプレーで左手の靱帯(じんたい)を損傷した。

 「仲間入りだね」。斉藤にはこんな声をかけられたが、2人とも春の大会には出場できないと覚悟した。

 しかし滝口監督は、迷わず斉藤に「1」を、飯塚に「2」を渡した。「試合に出られないくやしさを糧に、夏へ向かってほしい。けがをしても『1』『2』だという責任感を持ってほしかった」

 迎えた春の大会。地区予選代表決定戦で戦ったのは、昨秋の大会でも負けた因縁の相手、西武台千葉だった。

 「押してるからいける。低めに集めろ!」

 斉藤と飯塚はベンチでもどかしい気持ちを抑えながら、「10」と「8」のバッテリーに声援を送った。

 試合は2―9でコールド負け。「強い相手と戦ってみたかった。『俺が抑えたい』って」と斉藤。飯塚は「2」をつけて試合をつくる楽しさに改めて気がついた。

 目前に迫った夏の千葉大会では、10日の1回戦を突破すると2回戦で西武台千葉とあたる。2人とも、けがは完治した。

 飯塚は言う。「最後は斉藤と一緒に、西武台千葉を倒したい」=敬称略(上保晃平)

     ◇

 高校野球はプロ野球と違い、守備位置の番号と一致する背番号をつけるケースが多い。その場合、先発メンバーは①投手②捕手③一塁手④二塁手⑤三塁手⑥遊撃手⑦左翼手⑧中堅手⑨右翼手となる。⑩は2番手投手となることが多い。

 高校球児にとって、背番号はただの数字ではない。監督から、仲間から、託された思いを描く。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ