スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球福岡大会が開幕、シード2校はコールドで快勝

2022年7月4日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権福岡大会が3日開幕した。県内7球場で1、2回戦計16試合があり、スタンドにはブラスバンドの応援が戻った。シード校は、今春の選抜大会で8強入りした九州国際大付と東筑が登場し、いずれもコールドで快勝した。伝習館が九産大九産を延長の末に制すなど、好ゲームもあった。

 ■各球場で開会式 主将が選手宣誓

 開幕日は昨年に続き、新型コロナウイルス対策で全チームが一堂に集まる開会式はせず、7球場で「開始式」があり、第1試合の一塁側チームの主将が選手宣誓をした。

 春日公園野球場では、福岡工の田中遼太郎君(3年)がコロナ禍の高校生活を「グローブよりもマスクをつけている日の方が多く、見えない敵との闘いばかりでした」と振り返り、「多くの困難のなか支えてくれた家族に最高のパフォーマンスで恩返しすることを誓います」。

 北九州市民球場で宣誓した九州国際大付の野田海人君(同)は3日間かけて考えたといい、ウクライナ情勢に触れて「今、世界には夢を追いかけることのできない人々がいます。彼らのためにも頑張ります」と述べた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ