スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球大分大会、3年ぶり開会式 生徒ら育てたマリーゴールド並ぶ

2022年7月2日11時15分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権大分大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の開会式が2日、大分市青葉町の別大興産スタジアムである。コロナ禍のため2020年と21年は開会式ができなかったため、3年ぶりの開催。試合は6日から始まる。

 開会式は午前10時半に始まり、44校の選手らが入場行進する。大分商と大分東明によるブラスバンド演奏も3年ぶりに復活。選手宣誓は大分工の梶原和人主将が務める。

 グラウンドには宇佐産業科学、国東、三重総合、佐伯豊南、大分東、日出総合、玖珠美山の生徒らが育てた花々が並べられ、開会式終了後に無料配布される。佐伯豊南の食農ビジネス科3年の木下由貴さん(17)は1日、グラウンドにマリーゴールドを運び込み、「一生懸命育てた花々が、選手たちを元気づけられたら」と話していた。

 大会期間中の入場料は高校生以上600円(高校生は制服か体操服、部活動用のジャージーを着て学生証を見せれば自校応援は無料、一般観戦は200円)。中学生以下は無料(中学生は学生証の提示が必要で保護者同伴)。(奥正光)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ