スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

双子で夢見る守備の要 弘前南・戸田遥斗捕手、悠斗二塁手

2022年6月29日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 【青森】双子で守備の要になる――。そう決意して、弘前南の戸田遥斗(はると)捕手(3年)と、悠斗(ゆうと)二塁手(3年)の兄弟は白球を追い続けてきた。

 中学時代はともに内野を守った。高校で兄は捕手、弟は二塁手に。「高校でも試合で一緒に守備につこう」。同じ目標を抱いてきたが、まだ果たせていない。

 兄は捕球の技術を磨こうと努力してきた。「球を後ろにそらしたら、投手に信頼してもらえないから」。10メートル先からショートバウンドの球を投げてもらい、受け止める練習をくり返した。1年のころはうまく捕れず、両脚をアザだらけにしながら耐えた。

 弟も捕球の自主練習に励んできた。ノックを受けるために選んだ場所は、室内練習場。「でこぼこが多いので、イレギュラーバウンドが多いんです。どんな球にも対応できるようになりたいと思って」。グラブが土にふれるぐらいに腰を低く構え、手堅い守備力を身につけた。

 2年の秋、兄は正捕手の座をつかんだ。背番号は「2」。弟は二塁手の2番手に選ばれた。背番号は「14」。兄弟で内野の軸になるという目標に、一歩近づいた。

 兄はレギュラーの捕手として大会に出場した。しかし、弟は控え選手のまま一塁コーチを任された。春の大会も兄弟でベンチ入りしたが、一緒に守備につく機会には恵まれなかった。

 レギュラーと控えの差はあっても、思ったことはいつも遠慮なく言い合う。ある日、兄がアドバイスした。「初球を振らない癖があるけど、1球目は甘い球が多い。もっと打ちにいけ」。その後の練習試合で弟はヒットを放った。今度は弟が助言した。「打つ前にひざが少し沈むから、視線がぶれるんだよ」。兄も打撃の確実さが増した。

 攻守とも上向いていた矢先、野球の神様は冷たい仕打ちをした。

 5月の練習試合。兄は控えに回り、弟は二塁手で守備についた。フライが二塁の後方に飛んだ。兄が「ライトが捕るだろう」と思った打球を、弟は背走しながら懸命に追った。「絶対に捕る」。打球から目を切らず、外野の守備位置まで走った。

 前日の雨で外野の芝生がぬかるんでいた。捕った瞬間、左足が深みにはまり、倒れた。「アウト!」。球は決して離さなかった。だが、足首の骨が折れていた。救急車で運ばれ、2週間の入院。弟は「もうプレーできない」と思った。兄は、かける言葉が見つからなかった。

 弟がグラウンドに戻ったのは6月14日。松葉杖をついていた。兄は「帰って安静にしていれば」と気遣ったが、「ここで見ている」と断り、練習を最後まで見守った。

 夏の大会。兄弟は背番号「2」と「14」でベンチ入りする。悠斗二塁手のけがは完治していない。でも「声を出してチームを盛り上げたい」と、一塁コーチで貢献するつもりだ。遥斗捕手は「悠斗の分まで、2倍頑張る」と意気込む。それぞれ決意を新たに、双子はグラウンドに立つ。(渡部耕平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ