スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球宮崎大会は7月9日開幕 3年ぶり全校参加の開会式

2022年6月14日09時30分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権宮崎大会(県高野連、朝日新聞社主催)の運営委員会が13日に宮崎市で開かれ、大会日程などが正式に決まった。7月9日に開幕し、順調に進めば決勝は26日の予定。昨年に続いて一般客の観戦も認める。昨夏まで新型コロナウイルスの影響で中止した開会式は、3年ぶりに全校が集まって実施される。

 県高野連加盟の47校が参加する。会場は、ひなたサンマリンスタジアム宮崎とアイビースタジアム。初日のサンマリンでの開会式には選手と3年生の部員が参加。萩尾英司会長があいさつし、第1試合は正午に開始予定。雨天時の開会式は屋内練習場を使う。前日までに9日のグラウンドが使えないと判断したら開会式は行わず、10日の第1試合前に両校選手らが参加する開始式に代える予定。

 15日までに1、2回戦を終え、3回戦からはサンマリンのみを使用。準々決勝は21、22日、準決勝は24日の予定。投手の連投防止といった選手の健康維持のため、2回戦と3回戦、準々決勝、準決勝の後には休養日を1日ずつ設定。雨や雷などで試合が中断した際に翌日以降に続きをする「継続試合」も導入する。

 新型コロナウイルス対策で昨年に続いて選手や指導者、保護者の検温を徹底。来場者にはマスク着用を求め、観客席では2メートルの間隔をとって座ってもらう。

 組み合わせ抽選会は6月24日、宮崎市熊野のサンマリン大会議室で開かれる。過去の戦績に基づいて、シード8枠は(1)日章学園(2)日南学園(3)都城泉ケ丘(4)小林西(5)宮崎学園(6)小林秀峰(7)宮崎商(8)富島と決まっている。(平塚学)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ