スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

33チーム参加、来月9日開幕 開会式も開催 夏の高校野球山梨大会

2022年6月10日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第104回全国高校野球選手権山梨大会(県高校野球連盟、朝日新聞社主催)の開催概要が9日、正式に決まった。7月9日に甲府市の山日YBS球場で開幕し、34校33チームが参加。新型コロナウイルスの影響で昨年は中止した開会式も開催する。組み合わせ抽選会は今月23日、決勝は7月25日の予定。(佐藤靖)

     ◇

 開催概要は9日に甲府市内で開かれた県高野連の運営委員会で決定した。

 開会式が開催されるのは101回大会以来(昨年は開始式)。7月9日の午前中に山日YBS球場で開かれるが、スタンドに入ることができるのは選手の保護者を含めた学校関係者のみとし、式の内容も一部簡略化する。開会式の後、開幕試合として観客を入れた1回戦1試合がある。

 33チームのうち甲陵と上野原が連合チームで出場する。春の県大会で4強に入った山梨学院、甲府城西、東海大甲府、日川が「Aシード」、8強に入った甲府一、帝京三、駿台甲府、富士学苑が「Bシード」に入る。試合数は山日YBS球場で28、富士北麓(ほくろく)公園野球場(富士吉田市)で4。

 延長戦は十三回からタイブレーク方式。また、今回から初めて「継続試合」が導入される。雨などで試合を中断した場合、翌日以降にその時点から再開する。新型コロナウイルスに感染した選手が出た場合、試合開始1時間前まで選手登録の変更を認める。

 入場料は一般800円、高校生200円、中学生100円。昨年は見送った吹奏楽(ブラスバンド)による応援は1校50人以内で認める。

     ◇

 今夏もスタンドを含む球場での新型コロナウイルスと熱中症への注意、対策を強く呼びかける。主な内容は次の通り。

 【選手を含む参加校】参加チームは試合前に検温確認表を提出する。球場に入る際、ベンチ内で声を出す際はマスクを着用する。スタンドでは1席以上の間隔を空けて座り、声を出す応援はしない。移動や会話をする時は必ずマスクを着用する。メガホンを二つ持って打ち鳴らすことはOK。吹奏楽は場所を限定し、距離をとって演奏する。

 【観客】入退場、移動、会話の時はマスクを着用する。熱中症予防のため、スタンドでは会話をしないことを条件に外すことは認める。内野スタンドを「一般観客」「保護者・学校関係者」「一般応援生徒」「吹奏楽」の4ゾーンに分けるため、観客は自らのゾーンから移動しない。会話をしない状態での飲食は可能。

     ◇

 新型コロナウイルスの影響で昨年中止した小学生とその家族を球場に無料招待する取り組みについて、今夏は実施する。

 無料招待するのは7月16日、17日、18日の山日YBS球場での試合。小学生とその家族に限って外野芝生席を開放し、センター後方から出入りしてもらう(入退場は何度でも可能)。スコアボード付近は立ち入ることはできない。

 無料招待の取り組みは、少年野球人口の減少を受けて「観戦を通じて野球に興味を持ってもらうきっかけをつくる」として第99回大会(2017年)から始まった。

     ◇

 県高野連は球数制限のある投手の疲労や体のケアなどに対応するため、準々決勝からメディカルサポートを実施する。勝利チームの投手へのストレッチや希望者からの相談などに応じる。神奈川県大会などで活動実績がある山梨リハビリ病院(笛吹市)の中沢良太・スポーツリハビリセンター長らが担当する。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ