スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田商が12年ぶり優勝 春季高校野球県大会

2022年5月30日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第70回春季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は29日、こまちスタジアム(秋田市)で決勝があり、明桜に競り勝った秋田商が、12年ぶり18回目の優勝を果たした。

 秋田商は四回、近藤陸選手(3年)らの3連続適時打で逆転。いったん勝ち越されたが七回にスクイズで再び追いつくと、八回は相手の送球ミスが重なり、2点を加えた。先発の松橋星羅投手(2年)は七回を投げ、明桜打線を4点に抑える粘りの投球。エースの菅原凜投手(3年)が後続をしっかりと抑えた。

 明桜は初回、宮本流来選手(3年)の適時打で先制。五回には石田恋選手(3年)が2点適時三塁打を放った。だが、六回以降は無安打に抑えられ、八回から登板したエース野中天翔投手(3年)の守備の乱れもあり、終盤に力尽きた。

     ◇

 秋田商は2点を追う四回、2死一、二塁で佐々木洸主将(3年)に打席が回った。「必死に食らいついたら、良いところに抜けてくれた」。チェンジアップをとらえて左前適時打。この回の逆転につなげた。

 昨夏、甲子園出場の明桜との決勝戦。三塁の守りでは、隣の相手ベンチに負けない大声を出し続けた。「甲子園に行くと決めて秋商に入ってきたから、(夏に向けて)とても自信になった」。一方で、「相手のエースを打って勝ったわけじゃない。夏は圧倒できる打線にしたい」とも話す。

 「ハートで野球ができる選手」と太田直監督は評価する。そんな主将は試合後、仲間への感謝の言葉を重ねた。「控えのメンバーや裏方、みんなのおかげでプレーできている。(タイムリーも)ベンチや応援が打たせてくれた」。謙虚な主将は自信を胸に、6月の東北大会に挑む。(北上田剛)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ