スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

明秀日立4強逃す 浦和学院に敗れる 春季関東高校野球

2022年5月25日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第74回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、準々決勝2試合が栃木県総合運動公園野球場であり、明秀日立(茨城1位)は、春の選抜大会でベスト4の浦和学院(埼玉1位)に7―9で敗れた。

     ◇

 春の茨城県大会では打撃不振に陥っていた小久保快栄君(3年)に、快音が戻った。

 浦和学院のエース宮城誇南(こなん)投手(3年)からは、対戦した3打席全てでヒットを放った。一回は右前に先制打。三回と五回は初球を左前へ運んだ。

 4点を追う九回には、代わった投手から、外角の変化球を右中間にはじき返した。センターが打球の処理に手間取っているのをみて、一気に二塁に滑りこんだ。「体が勝手に動いた。少しでもチームの雰囲気がよくなればという思いで打ちました」と試合後、語った。

 県大会では、準々決勝以降11打数2安打と苦しんでいた。どうしたらいいのか分からなくなり、試合中にベンチで泣いたこともある。だが、関東大会では、2試合で9打数6安打と復調した。

 「(宮城投手の)映像を何度も見て、素振りを重ねた成果が出ました。2点差まで迫れたのは自信になる。夏はこの経験を生かして圧倒的な力で茨城大会を勝ちたい」(西崎啓太朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ