スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜第一、浜松開誠館に敗れ準優勝 春季東海高校野球

2022年5月25日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は24日、愛知県の小牧市民球場で決勝があり、岐阜第一(岐阜1位)は浜松開誠館(静岡1位)に2―7で敗れ、優勝はならなかった。浜松開誠館は同大会初出場で初優勝。

     ◇

 打てずに苦しんだ4番が、最後に意地を見せた。6点を追う七回裏、岐阜第一の小沢侑二郎主将(3年)は「福井と自分が打てばチームはのってくる」と自分に言い聞かせながら打席に入った。直前、3番の福井一颯選手(同)がチーム2本目の安打となる二塁打を放っていた。2球目、内角に来た直球をはじき返すと、浜松開誠館に一矢報いる適時打になった。

 春先から不調が続いていた。春季県大会は、打率1割台。東海地区大会に入ってからも7打数2安打。好機で凡退するなど役割を果たせていなかった。それでも、田所孝二監督は4番に起用し続けてくれた。「何も言わなくても期待してくれているとわかる」と小沢主将。田所監督も「安定感がある」と信頼を寄せる。小沢主将は「夏まで、チームも自分もまだまだ成長できる。悔しさはあるが、結果で見返せるようもっと練習する」。自信を取り戻した主将は、すでに次を見ていた。(東谷晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ