スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

仲間の励まし 奈良大付エース、持ち味出せた 近畿高校野球

2022年5月23日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 春季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催)の1回戦が22日、和歌山市の紀三井寺公園野球場であり、奈良大付(奈良)は今春の選抜大会準優勝の近江(滋賀)に0―6で敗れ、初戦敗退した。

     ◇

 3点をリードされた二回2死三塁のピンチ。奈良大付のエース、幡剛志(3年)に出番がやってきた。

 公式戦初先発の玉置睦(3年)からマウンドを託された。二回という早い段階での登板となったが、試合前に田中一訓監督から「今日は細かくつないでいく」と言われていたから、準備はできていた。「強気で絶対抑えてやる」

 しかし最初に迎えた打者に四球を許し、2死一、三塁に。ここで仲間のひと声が幡を救う。マウンドに駆け寄ってきた一塁手の坂東泰樹主将(3年)が「後ろを守ってるから打たしていけ」。四球を引きずらないようにとの思いがこもった言葉に励まされ、幡は次打者を三ゴロに抑えて危機を乗り越えた。

 四回まで投げて被安打2で無失点。あとは他の投手にゆだねた。「いつもは腕が振れてリズムがいいが、今日はそこまでではなかった」と田中監督。それでもカーブと直球を織り交ぜて狙い球を絞らせない持ち味を出せた場面はあった。

 選抜大会準優勝校を相手にしたこの試合を最後の夏に生かしたい。幡は「強い気持ちで打者に向かっていくような投球がしたい」と次を見据えた。(浅田朋範)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ