スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

一塁ベースに書くおじいちゃんの名前 「全力で楽しめよ」いつも胸に

2022年5月23日11時30分

朝日新聞DIGITAL

 第74回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は22日、2回戦4試合が栃木県であり、明秀日立(茨城1位)は銚子商(千葉2位)を8―1で破り、8強入りを決めた。つくば秀英(茨城2位)は作新学院(栃木1位)に3―10で敗れた。明秀日立は24日、浦和学院(埼玉1位)と準々決勝を戦う。

     ◇

 試合前、しゃがみこみ、一塁ベース上に人さし指で文字をつづった。おじいちゃんの名前を書くために。

 つくば秀英の一塁手吉江立(りつ)君(3年)の習慣だ。

 「全力で楽しんでやってこいよ。それがチームの勝利につながるから」。元高校球児のおじいちゃんは、いつも励ましてくれた。

 5点を追う四回裏1死二、三塁の好機で、打席に立った。「前の打席は直球を安打にしたので、(相手は)スライダーで勝負してくると思いました」

 3球目、スライダーが来た。バットを振り抜くと、打球はレフト前に転がった。2点適時打になり、二塁上で、何度もガッツポーズした。甲子園常連校の作新学院に敗れたが、4打数3安打の活躍だった。

 全力で楽しめているかな。おじいちゃん。

 祖父の旦(あきら)さんは高校1年の秋に74歳で亡くなった。4歳の頃からキャッチボールの相手をしてくれた。中学生の頃は時間があれば試合を見に来てくれた。

 「おじいちゃんを甲子園に連れていく」。旦さんの前で、何度も語った。その夢をかなえるため、夏に向けて誓う。「きょうの活躍は自信になった。打撃をさらに磨きたい」(西崎啓太朗)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ