スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜第一が決勝進出 24日に浜松開誠館と対戦 高校野球東海大会

2022年5月23日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は22日、愛知県小牧市の小牧市民球場で準決勝2試合があった。岐阜第一(岐阜1位)は初回に津田学園(三重2位)に先制を許したが、直後に逆転。その後は一度もリードを許さず、計12安打を集めて11得点で七回コールド勝ちした。浜松開誠館(静岡1位)は津商(三重1位)を5―3で破った。決勝は小牧市民球場で24日午後0時半から。

     ◇

 「体が開き気味だから、あれでいく」。七回裏、2死満塁。岐阜第一の難波壱成選手(3年)はそう決めて打席に立った。あれとはバスターだ。初球の外角ストレートを体に引きつけて打ち返すと、打球は右中間を破った。中盤から追い上げられていた津田学園を突き放す3点適時三塁打となった。

 初回、送りバントをミスしていた。七回裏のサインは「打て」。球を呼び込む意識で打とうと、バントの構えから強打に切り替えるバスターを選んだ。

 バスターでチームに貢献するのはこれで2回目。きっかけは4月末の春季県大会で大垣日大と戦った決勝だった。2打席目までは凡退。そこで、田所孝二監督から言われている「考える野球をしろ」を実践しようと試合中に試してみた。

 バスターで臨んだ3、4打席目はいずれも適時打となり、39年ぶりとなるチームの春季県大会優勝に貢献した。「ここぞというときに試して、東海一をとりたい」(東谷晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ