スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東邦、愛工大名電は初戦敗退 春季東海地区高校野球

2022年5月22日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は21日、愛知県の小牧市民、刈谷の両球場で開幕した。東邦(愛知1位)は2―3で津田学園(三重2位)に、愛工大名電(愛知2位)は1―3で浜松開誠館(静岡1位)にそれぞれ競り負けた。県勢が全て初戦敗退したのは2019年以来。

 東邦は四回に城(たち)幸佑選手(3年)の本塁打で1点をかえし、終盤も毎回、得点圏に走者を進めたが、決定打が出なかった。愛工大名電は序盤から先行され、六、七回に満塁の好機をつくったが、1点をかえすにとどまった。

 岐阜第一(岐阜1位)は静岡(静岡2位)に3―2でサヨナラ勝ち。津商(三重1位)も大垣日大(岐阜2位)に延長十一回、5―4でサヨナラ勝ちした。

 22日の準決勝は午前10時から小牧市民であり、津商は浜松開誠館と、津田学園は岐阜第一と対戦する。

 ■東邦、手堅い野球 影潜める 「夏へ向けもっと練習を」

 東邦は、県大会で見せた手堅い野球が影を潜めた。

 1点差に泣いた東邦の山田祐輔監督は「バントをしっかりすることとエラーをしないこと。勝つための前提が、きょうはできなかった」と肩を落とした。

 三回は先頭打者を失策で出塁させたのを機に3点を失う。2点を追った六回1死一、三塁で、三浦心空選手(3年)が狙ったセーフティースクイズはファウルに。その後は結果的に内野ゴロで1点を奪ったが、仕掛けて取った点ではない。三浦選手は「もっと練習しないと。夏に向けて、少ないチャンスで1点を取れるようにしたい」。流れを呼び込めず、八回も仲間のスリーバント失敗があって同点機を逃した。

 チームは4月上旬の練習試合で敗戦した後、公式戦も含めて15試合以上、連勝街道だった。落合智哉主将(3年)は「負け無しでいたところに落とし穴がある。夏は相手を圧倒できるように、打撃など全部、向上させたい」と黒星に気を引き締め直した。(上山浩也)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ