スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東北と仙台育英が決勝進出 春季高校野球宮城県大会

2022年5月22日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東北地区高校野球県大会は21日、宮城県の石巻市民球場で準決勝2試合があり、東北と仙台育英が決勝進出を決めた。昨秋の県大会を始め、たびたび決勝で相まみえる強豪同士の対戦となる。

 東北は三回、古川学園の守備の乱れに乗じて先制。その後も金井の本塁打を含む4本の長打などで得点を重ねた。古川学園は五回と八回に1点ずつ返す粘りを見せたが、及ばなかった。

 仙台育英は初回に長短打や犠飛で4点を挙げ、投げては斎藤蓉が要所を締めて零封。仙台三はたびたび得点圏に走者を進めながら、あと1本が出なかった。

 22日は雨天予報のため、同球場での試合開始を遅らせる。3位決定戦は午前11時から、決勝戦は午後2時からの予定だ。

 ■夏へ「制球と球速上げる」 古川学園・三浦龍政君(3年)

 因縁の相手となる東北との一戦に、古川学園のエース三浦龍政君(3年)は燃えていた。

 昨夏の県大会準々決勝は九回裏に2点追加し逆転サヨナラ勝ちだったが、昨秋の県大会準々決勝は1点差で競り負けた。米倉亮監督から「リベンジしないと」と発破をかけられていた。

 トレーニングで下半身を鍛え制球力を身につけた。この日は直球と変化球を織り交ぜ、打たせてとる作戦で臨んだ。

 初回を三者凡退に抑えるなどまずまずの立ち上がり。だが、自信を付けつつあった制球が定まらない。

 1―2と苦しい展開で迎えた六回、直球を狙われて適時三塁打を許し、差を広げられた。七回、後輩の今野一成君(2年)に「思い切って投げろ」とマウンドを託した。

 リベンジはかなわなかったが、「練習を見直して、制球と球速を上げたい」と夏を見据えた。(武井風花)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ