スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨、高校野球春季関東大会 山梨学院準々決勝へ

2022年5月22日10時30分

朝日新聞DIGITAL

 第74回春季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は21日、宇都宮市の栃木県総合運動公園野球場などで1、2回戦があった。山梨学院(山梨1位)は二松学舎大付(東京2位)に勝ち、準々決勝に進んだ。甲府城西(山梨2位)は、関東第一(東京1位)に敗れた。

 ■エースの練習法で球に切れ 山梨学院・武藤大地投手(3年)

 八回、山梨学院は連打で1点を失い、なおも無死三塁のピンチの場面。マウンドは武藤大地投手(3年)に託された。

 最初の打者に左前安打を許し、4点差とされた。だが、続く打者を二ゴロ併殺打と三振に仕留め、悪い流れを断ち切った。

 「ベンチ入りできない山梨の仲間の気持ちも背負って、強い気持ちで投げた」。チームに山梨県出身者は約10人いるが、ベンチ入りを果たしたのは、富士吉田市出身の武藤投手を含めて2人だけだ。

 選抜大会ではベンチ入りできなかった。大会後、エースの榎谷礼央投手(3年)が実践していた体幹を意識した練習を採り入れた。球速や制球力が上向き、変化球にも切れが生まれた。

 そして、春の山梨県大会でベンチ入りをつかんだ。夏に向け「さらに体を大きくしたい」と意気込む。(野口駿)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ