スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜第一サヨナラで4強進出 大垣日大は惜敗 春季東海高校野球

2022年5月22日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)は21日、愛知県の刈谷、小牧市民の両球場で開幕した。岐阜第一(岐阜1位)は静岡(静岡2位)に3―2でサヨナラ勝ち。大垣日大(岐阜2位)は津商(三重1位)に延長十一回の末、4―5でサヨナラ負けした。

 大垣日大は五回、河村の右越え適時三塁打などで2点を先制。七回に逆転を許したが、九回に4―4の同点に追いついた。だが延長十一回に力尽きた。

 津田学園(三重2位)は3―2で東邦(愛知1位)に、浜松開誠館(静岡1位)は3―1で愛工大名電(愛知2位)にそれぞれ競り勝った。

 22日の準決勝は午前10時から小牧市民であり、津商と浜松開誠館、津田学園と岐阜第一の対戦がある。

 ■初のサヨナラ打 喜び爆発 岐阜第一の秋山侑士選手(3年)

 「打った瞬間越えたと思いました」。決勝点をたたき出した岐阜第一の秋山侑士選手(3年)は、生まれて初めてのサヨナラ打に喜びを爆発させた。

 2―2の同点で迎えた九回裏、無死二塁。秋山選手は好機に代打を告げられた。駆けよってきた伝令が「バスターで行け」と監督からの指示を伝えた。

 最初からバントの構え。初球は見送った。真ん中に入った2球目のストレートを思い切り振り抜くと、球は前進守備をしていた右翼手の頭上を越えた。「一番好きなコースでしたね」

 県大会までは二塁手で打順は8番が定位置。だがこの日は先発出場できなかった。中盤、なかなか得点を奪えないチームをベンチから応援し続けていた。

 田所孝二監督は試合後、「ヒーローになってくれたらいいなと思っていた」と目を細めた。秋山選手は「接戦をものにできて自分もチームも自信になった」と意気込んだ。(東谷晃平)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ