スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

津商、津田学園は白星発進 東海高校野球・三重

2022年5月22日09時00分

朝日新聞DIGITAL

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が21日、愛知県内で開幕し、1回戦4試合があった。三重県勢は、津商(三重1位)が大垣日大(岐阜2位)に5―4で延長サヨナラ勝ち。津田学園(三重2位)は東邦(愛知1位)を接戦の末、3―2で制した。準決勝はいずれも22日に小牧市民球場であり、津商は浜松開誠館(静岡1位)と午前10時から、津田学園は岐阜第一(岐阜1位)と午後0時半から、対戦する予定。

 ■「100点」人生初のサヨナラ打 津商・山本雅斗君(3年)

 延長戦にけりをつけたのは、人生初のサヨナラ打だった。不調から立ち直った津商の3番打者、山本雅斗君(3年)は「チームが勝てたので、100点です」と笑顔を見せた。

 延長十一回。主将の牧戸結都君(3年)が二塁打で出塁。その後タッチアップで、2死三塁。打席に山本君が入るが「正直、不安でした」。試合中、内角を攻められて無安打だった。

 「タイミングがあった」のは、真ん中の直球。打球は三塁に鋭く飛んだ。「大丈夫か」と一瞬迷ったが、三塁手を強襲。サヨナラの内野安打になった。

 「ナイスバッティング!」。生還した牧戸君は山本君と抱き合った。牧戸君は「根拠はないけど、絶対打つと信じてた」と言う。

 山本君にとっては、小学3年生で野球を始めて以来、初のサヨナラ打。「自分は4番のため出塁するのが役目。明日はもっと打ちたい」と笑顔だった。(山崎輝史)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ