スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋田商と大曲農が4強入り 第1、2シード敗れる 春の高校野球

2022年5月22日11時00分

朝日新聞DIGITAL

 第70回春季東北地区高校野球県大会(県高野連主催、朝日新聞秋田総局など後援)は21日、こまちスタジアム(秋田市)で準々決勝2試合があり、秋田商と大曲農が4強入りを決めた。22日は同スタジアムで準々決勝2試合がある。

 秋田商は六回、児玉凌海選手(3年)の右前適時打など打者9人の猛攻で5点を挙げて逆転。八回には原田北翔選手(2年)の適時二塁打で突き放した。第1シードの能代松陽は、先発三浦凌輔投手(3年)が五回まで無安打に抑える好投を見せたが及ばなかった。

 大曲農は初回、高橋丞選手(3年)が先頭打者本塁打。続く二回にも3点本塁打を放ち、試合を優位に進めた。第2シードの大館桂桜は、相手の先発竹村凌平投手(3年)の変化球をとらえきれず、1安打に抑えられた。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ