スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜第一は静岡、大垣日大は津商と対戦 東海地区高校野球大会

2022年5月11日10時30分 朝日新聞デジタル

 第69回春季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)の組み合わせ抽選会が10日、朝日新聞名古屋本社であった。愛知、岐阜、三重、静岡4県の上位2校、計8校が試合に臨む。岐阜県大会優勝の岐阜第一は静岡と、準優勝の大垣日大は津商と初戦で対戦する。

 大会は愛知県の小牧市民、刈谷の両球場で21日に始まり、決勝は24日午後0時半から小牧市民で予定されている。雨などで試合が中断した場合、翌日以降に続きをする「継続試合」を導入。ブラスバンドの応援を20人以内の制限をつけて許可する。18日までにコロナ感染などで出場を辞退する場合は、各県の3位校(岐阜は帝京大可児)が代替出場する。19日以降に辞退する場合は代替校を選ばず、対戦校を不戦勝とする。有観客での開催となる。入場料は一般700円、高校生200円、中学生以下無料。

 岐阜第一の藤井純部長は「静岡は速い球を投げる投手がいる印象。夏優勝へ向けた準備としても全力を出し切る」と話した。大垣日大の西川雅也副部長は「県大会決勝では継続試合の末に敗れた。敗戦で感じた一球の重みを大切に全力で取り組んでいく」と語った。(土井良典)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ