スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

決勝は智弁和歌山と和歌山商 春季近畿高校野球県予選

2022年5月8日10時00分 朝日新聞デジタル

 春季近畿地区高校野球大会和歌山県予選の準決勝が7日、紀三井寺公園野球場であった。智弁和歌山が市和歌山を、和歌山商が日高を下し、決勝に進出した。8日は3位決定戦を午前10時から、決勝を午後0時半から同球場で予定している。また、智弁和歌山と和歌山商、3位チームは21日から同球場で開幕する近畿大会に出場する。(伊藤秀樹)

 ■市和歌山2ー4智弁和歌山

 智弁和歌山は同点の八回、岡西の右翼二塁打で勝ち越し。さらに武元の右前安打と敵失で加点。武元は投げても10安打を許しながら8回2失点の好投。市和歌山は宮本が6回途中2失点の粘投。五回、寺田が同点二塁打を放ったが、後続が倒れ逆転できなかった。

     ◇

 「日本一をめざしている中では全ての面で足りないことだらけ」。智弁和歌山の岡西佑弥主将(3年)は反省ばかりを口にした。だが、光るプレーはあった。

 六回1死一、二塁の攻撃。二塁走者の青山達史選手(2年)は、捕邪飛でタッチアップし、三塁に進んだ。後続が打ち取られて得点には結びつかなかったが、智弁和歌山らしいそつのなさを見せた。岡西主将は「隙のない野球をめざさないと日本一は取れない」と強調した。

 先発右腕の武元一輝投手(3年)も落ち着いた投球を見せた。一回こそ2四死球などで2死満塁を招くが無失点で切り抜けた。その後は140キロ台の直球を軸に8回2失点と好投した。武元投手は「立ち上がりは力みが出てしまった。自分たちのやるべきことをやっていければ勝てるので、あわてずやっていきたい」と決勝へ気を引き締めた。

 ■日高2ー3和歌山商

 和歌山商は1点を追う四回、細田、北畑の適時打で逆転。同点とされた直後の八回は、小川の適時内野安打で決勝点を奪った。日高は四回、伊藤の右越え二塁打などで先行。八回には嶋田が同点適時打。相手を上回る9安打を放ったが攻めきれなかった。

     ◇

 和歌山商は守りでリズムをつくった。

 先発は新チームになってから投手に転向したという塙翔斗選手(3年)。先頭打者を出塁させないことと、一球一球に気持ちを込めることに意識を置いたという。四回に先取点を与えたが、八回途中まで2失点と粘った。「まっすぐに自信がある。これからもどんどん投げていきたい」

 守備陣は、塙選手をもり立てた。七回は三塁手の松尾一志選手(3年)が、横っ跳びでゴロを好捕。八回も中堅手の細田翔也選手(2年)の本塁への好返球で勝ち越し点を与えなかった。松尾選手は「アウトにしたい気持ちが強かった。エラーもあったが、みんなでカバーできた」と振り返った。

 近畿大会への切符をつかんだ。松尾選手は「相手はレベルの高いチームばかり。相手チームから勉強したい」と謙虚だった。

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ