スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

山梨学院が3年ぶりに優勝 甲府城西に大勝

2022年5月5日11時00分 朝日新聞デジタル

 第74回春季関東地区高校野球県大会(県高野連主催、朝日新聞社など後援)の決勝が4日、甲府市の山日YBS球場であり、山梨学院が甲府城西を12―4で破り、3年ぶり7回目の優勝を決めた。両校は21日から栃木県で始まる関東大会に出場する。

     ◇

 「準決勝で大きい当たり(本塁打)があったので、単打を心がけた」

 山梨学院の二番打者岩田悠聖選手(3年)は、一回表1死から、相手投手の低めにコントロールされた球を中前打し、先制の好機を作った。

 チームは打線に自信を持っていたが、春の選抜大会では、木更津総合(千葉)の越井颯一郎投手の速球を打ち崩せなかった。敗戦後、打撃強化に取り組み、岩田選手も、毎日1千スイングを自らに課し、バットを振り込んだ。

 長打を狙うと「体が開いてしまう」と自覚する。今大会は3本塁打。きちんと修正し、結果を出した。

 関東大会では、各都県代表の強豪校と対戦する。「みんなで一丸となって戦い、秋の大会で逃した優勝を目指したい」

 夏に向け、絶好の実力試しの場。全力で挑むつもりだ。(佐藤靖)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ