スポーツブル(スポブル)

スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

浦和学院と山村学園が決勝進出 春季高校野球

2022年5月4日09時00分 朝日新聞デジタル

 春季埼玉県高校野球大会(県高野連など主催、朝日新聞社後援)は3日、県営大宮球場での準決勝で浦和学院と山村学園が決勝に進んだ。決勝は同球場で4日午前10時から。山村学園は決勝初進出。両校は21日から栃木県で開かれる関東大会に出場する。

     ◇

 上尾の川口翔大朗投手(3年)は一回、3点を失った2死一塁の場面でマウンドに立った。主将の金丸健司捕手(同)とのバッテリーの呼吸で、落ち着いて一塁走者を封殺し、ピンチを切り抜けた。二回以降は、春の選抜大会で4強入りに貢献した浦和学院の金田優太選手(同)を3打席連続で左飛に打ち取るなど、強気の投球を見せた。

 昨秋までは「とりあえずいっちゃえ」と勢いだけで腕を振っていた。その反省から、配球の組み立てを意識するようになった。金丸捕手は「レベルが高くなった」と評した。

 被安打4に抑えながらも、3失点と課題は残る。「フォームが少しずつ崩れてきた」と川口投手。夏に向け、成長を誓った。(仙道洸)

関連記事

アクセスランキング

注目の動画

一覧へ